ドメインパワーとは?上げるためにはSEO意識が不可欠?調べ方やチェックツールもご紹介!

ドメインパワーとは名前の通り、SEOにおけるサイトのドメインが持つ力の強さを表ます。

大手の企業サイトや、知名度のある老舗ブランドサイトなど、表面の力だけでは表現できないサイトの強さについて解説していきます。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーは、サイトの持つドメインの強さを表します。

強さの裏付けには多くの要因が含まれており、被リンクの量や質・コンテンツの量・知名度など、総合的なサイトドメインの持つパワーとして評価されたものがドメインパワーです。

他にもドメインの運用歴や、「E-A-T」などの指標も重要なドメインパワーの要素になってきます。

E-A-Tとドメインパワー

E-A-Tとは、Googleが掲げている「検索品質評価ガイドライン」に記載されている指標になります。

E:Expertise(専門性)、A:Authoritativeness(権威性)、T:Trustworthiness(信頼性)と、それぞれの頭文字をとった言葉で、サイトや掲載されているコンテンツに対する目に見えない評価の指標となっています。

ストレッチの記事を公開する際には、しっかりとスポーツトレーナーの資格を持った専門家が監修していることを記載するなど、特定のジャンルに関するコンテンツを掲載する際には、その専門家が関わって責任を持てるコンテンツづくりを意識することが大切です。

このようなことをこつこつと重ね、専門性・信頼性・権威性を積み上げることがドメインパワーを高める要因になってきます。

SEOにおけるドメインパワー

SEOに非常に大きく関わってくるドメインパワーですが、Googleが公式に発表している指標ではありません。

そのため、「ドメインパワーが強いから必ず上位表示できる」ということはなく、コツコツと良いコンテンツを作る必要があります。

ただし、ランキングの要因になっていることは確かで、矛盾しているようなことをいいますが、「明らかにそこまで詳しいコンテンツではないが、ドメインパワーが強いサイトゆえに上位表示されている」というケースも往々にしてあります。

また、インデックスなどもドメインパワーが弱いサイトに比べてスムーズに行われやすい傾向にあります。

ドメインパワーを強くするためには?

SEOにおいて非常に重要なドメインパワーですが、どのようにして強さを高めていくべきなのでしょうか?

一般的なお話と、自分自身が普段さまざまな検索結果やサイトを見ている様子でお話をしていきます。

質の高いコンテンツを作成する

「質の高いコンテンツ」という概念が非常に難しい点ですね。

SEOにおける施策として、コンテンツの量を増やしてボリュームで戦うというケースがあります。もちろん、リソースがあれば量で戦うことも有益な施策です。

ただ、量を増やそうとして「中身がそこまでしっかり作り込まなくても、記事をたくさん作れば良いだろう」という認識でコンテンツをつくってしまうと、質の低いコンテンツだけが量産されてしまい、負の連鎖となります…。

反対に、量が少なくても質の高いコンテンツであれば、ユーザーにとっても良い影響を与えることができますし、検索エンジンからも良い評価を受けやすい傾向にあります。

更新頻度を高める

情報は日々更新され、アップデートされていきます。

掲載しているコンテンツも日々アップデートを重ねて、新鮮な情報をユーザーに届けることができるようにしておきましょう。

被リンクを獲得する

昔は、SEOにおいて被リンクがあればあるほど評価がされやすい時代がありました。ですが、最近は検索エンジンも賢くなり、悪質な被リンクや質の低い被リンクは無視され、ひどいとペナルティを受ける恐れすらあります。

なので、SEO担当者によっては「現代のSEOにおいて被リンクはそこまで重要ではない」と唱える人もいます。

といいつつも、普段さまざまなサイトを見ていると、被リンクは検索結果やドメインパワーにおいて重要な指標であると感じます。

質の高いコンテンツを高い頻度で更新していくことで、自然と被リンクを獲得できるように努めましょう。

ドメインパワーの調べ方・チェックツール

ドメインパワーは、Googleが公式に言及していない指標なので、ツールを通さないことには値を確認することが難しいです。

ここではドメインパワーの指標を確認することができるツールを紹介いたします。

▼検索順位チェックツールも合わせてご覧ください

チェックツール1.Ahrefs

SEO界隈では、人気のあるSEOツールがAhrefsです。

自社サイトだけでなく競合サイトの被リンクやそのリンク下まで調べることができる優良ツールになります。

d24fe2a2dbe5d012a97ab0cf870dd26f

トップページで、調べたいサイトのURLを検索することで「DR(ドメインランク)」というドメインパワーの指標が確認できます。

チェックツール2.MOZ

f18aeafa88db7bbf6e76b6d9877657e7

同じくSEOツールの中で人気のあるツールがMOZです。

Ahrefsと同じくワールドワイドで使用されており、日本語対応はしていません。

サイトを調査して、Overviewを確認することで「Domain Authority」というところでドメインパワーが確認できます。

チェックツール3.パワーランクチェックツール

f32b828f6293b9330c7f98140913f95d

アクセスSEO対策ツールズというサイトで使用することができる、無料のドメインパワーランクチェックツールです。

ゲストユーザーでは1日に3回までチェックを行うことができます。

無料会員登録することで1日10回まで使用することができます。

ドメインパワーを知りたいだけであれば、サクッと使えるので便利です。しかも無料。

時間をかけて、良質なコンテンツ作り・サイト作りを

ドメインパワーは簡単に強くなるものではありません。

質の高いコンテンツを増やし、グーグルからもユーザーからも良い評価を得ることが一番の近道になります。

この記事が多少なりとも、お役に立てばと思います。
記事を読んで不明な点等がありましたらお気軽にTwitter(@kaznak_com)などでご質問ください。

ではまた。

中村 一浩
中村 一浩
株式会社ココログラフ代表。SEO歴13年、対策実績970サイト以上。検索エンジンだけでなく検索ユーザーにまで最適化する、SEOの上位互換サービスSUOを提供。SEO / SUOの独自レポートツール、サチコレポート開発者。著書『現場のプロが教えるSEOの最新常識』
中村 一浩
中村 一浩
株式会社ココログラフ代表。SEO歴13年、対策実績970サイト以上。検索エンジンだけでなく検索ユーザーにまで最適化する、SEOの上位互換サービスSUOを提供。SEO / SUOの独自レポートツール、サチコレポート開発者。著書『現場のプロが教えるSEOの最新常識』